2020年12月1日(火)

もっと(防災意識を)高く!”TAKE ME HIGER”

みなさんこんにちは。来年の1月から始まるウルトラマンの新番組の影響でお財布に大打撃を受けることが確定したちょこたると。です。来年で25周年を迎えるウルトラマンティガに焦点を当てた番組で、それに連動して好きな怪獣のソフビ人形や、防衛チームの戦闘機が再販されるので、もうどったんばったん大騒ぎです。

さて、これ以上この話題で行くとただのウルトラファンの独り言に成り下がるので、話題を変えようと思います。世間は気づけば12月ですが、実は今日は9月1日の防災の日と関連付けて年4回制定された防災用品点検の日なんだそうです。そこで、お家においておきたい防災グッズについて紹介します

生活するうえで必要不可欠なものといえば、まずはお水です。災害で水道が止まった時のことを想定し、飲み水として1日一人3リットルを目安に最低3日分が必要とされています。それとは別に、生活用水もあるのが理想なので、普段から保存用のお水は大めに用意したいですね。最近は賞味期限が長めな保存水も市販されているので、そういったものが適しているかと思います。

 

前述したお水も含めてもう一つ用意しておきたいのが、防災用持ち出しバックです。これには飲料水、保存食(缶詰やレトルト食品、チョコレートなど、長期間保存ができたり、簡単に調理ができたり、高カロリーであるものが適しているとされています。)、ばんそうこうや包帯などの緊急用品、ヘルメットやケータイ電話の充電器などの避難先で使うものを入れておきましょう。

 

久しぶりの投稿でかなりまじめな話題となりましたが、災害はいつ引き起こされるか誰にもわかりません。加えて最近は空気も乾燥し、火災の起こりやすい季節です。この機会にご家庭の防災事情を見直ししてみるのはいかがでしょうか。それでは、今日はこの辺で。