2021年1月6日(水)

魔界にはメロンの種を一粒持って帰れ

みなさんこんにちは。イチゴやすいかが野菜の仲間と知ったのは割と最近。ちょこたると。です。スーパーに行ってもほかの果物と同じコーナーで売っているので、学生時代にネットで調べるまではフルーツの一種だと認知していました。そういえば、今日は「メロンの日」らしいですね。個人的にメロンと聞いて思い浮かぶのは、雷句誠先生の代表作「金色のガッシュ!!」に登場する魔物の一人、ビクトリームです。

さて、そろそろ本題に入りますが、明日は七草がゆの日です。そこで今日は、春の七草について書いていきます。

七草がゆを食べる日の正式名称は「人日の節句」というらしく、お正月におせちやお雑煮などの豪華なものを食べて疲れた胃腸を労わる日、七草がゆを食べて一年間の健康を願う日とされています。

七草がゆを食べる習慣は中国から伝わりました。中国には昔から、邪気を祓って一年間の無病息災を祈るために、1月7日に7種類の野菜が入った汁物を食べる文化がありました。平安時代に汁物を食べる習慣が伝わり、それが日本にもともとあった「若菜摘み」という習慣とが合わさって七草がゆが誕生したとされています。後の江戸時代には七草がゆを食べることを幕府が公式行事としたため、そのころには庶民の間にも浸透していきました。

 

春の七草はせり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろですが、これらはすべて整腸作用や身体にいい効果があるだけでなく、縁起のいいものとして入っています。七草それぞれに縁起の良い意味が込められていましたので、興味がありましたら調べてみると面白いと思います。こんなご時世、明日はお家で家族そろって七草がゆを食べるのもいいかもしれませんね。それでは、今日はこの辺で。