2021年1月18日(月)

♰The 音楽通っぽい記事♰

みなさんこんにちは。ライブの空気が恋しいちょこたると。です。世間がこんな状況になる前は通年で多い時には2~3回会場に足を運んでいたのですが、昨年はとうとう一度もライブに行かないまま幕を閉じました。主催者側も工夫して下さり、配信ライブという形で公演を行ってくれるのはうれしいのですが、やはりあの一体感をまた満喫したいものです。

さて、そんな話とも関係があったりするのですが、前回の記事でBLTさんが自身の好きなアーティストについて熱くプレゼンしていたので、僕もその案にインスピレーションを受けて、今回はちょこたると。的好きなアーティストセレクションをお届けします。

 

ゴールデンボンバー

ご存知、かつて「女々しくて」で一大ムーブメントを引き起こしたヴィジュアル系エアバンドです。ちょこたると。くんと金爆との出会いは僕が中学生だったころです。兄からバンド名と「英語ってかっこいいな」という楽曲を聞かされた当時の僕は「こんなにもおもしろい音楽を造る人たちがいるのか!」とカルチャーショックを受けました。

ライブでの最大の魅力は段ボール細工を利用したギターソロや、過激なパフォーマンスを取り入れたドラムソロなのですが、面白さに全力をつぎ込んだ曲だけでなく、ヴィジュアル系らしいカッコいい曲や、落ち込んだ時に背中を押してくれるような優しい歌詞の曲も存在しています。昨今の状況下においても、配信ライブを積極的に取り入れたり、当ブログでもお世話になっているフリー素材サイト様「いらすとや」さんとコラボして新曲のPVを公開するなど精力的に活動しています。斬新な切り口で音楽を造り続ける彼らを、今後も応援していこうと思います。

ちなみに僕のお気に入り楽曲は、「101回目の呪い」と「ドンマイ」です。

 

 

CHICO with Honey warks

二組目はこの方々です。ニコニコ動画などの動画サイトを拠点に活動するクリエイター集団「ハニーワークス」と、ネット発のオーディション企画を勝ち上がったボーカルの「CHICO(チコ)」さんのコラボユニットです。甘酸っぱい青春路線の曲を大名手としつつ、バンド調のロックテイストな曲やしっとりしたバラードなど、マルチな曲調を歌い上げています。また、楽曲が「銀魂」、「まじっく快斗」、「ハイキュー!!」などのアニメとタイアップすることも多いので、グループ名は知らずとも曲は知ってる、という方も多いかもしれませんね。

こちらも今年初頭に三枚目のフルアルバムを発売し、来月には新曲の発売も控えています。

ちなみにお気に入り楽曲は「プライド革命」と「ラブホイッスル」です。

 

いかがだったでしょうか。どちらも学生時代からずっと好きなアーティストさんなので、ついつい解説に熱が入ってしまいました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。お家時間で家事などをする時間が増えた方もいるかと思いますが、ただ黙々とやるよりも音楽の力を借りた方が気分も上がるのではないでしょうか?そんな時の参考にでもなれば幸いです。それでは。