2020年8月24日(月)

SA・KA・NA🐠②

皆さんこんにちは。色違いヒードランが欲しいBLTです。

今日は前回の続きの飼育しやすい熱帯魚を紹介するコーナーの続きです

➀ネオンテトラ

ネオンテトラは熱帯魚の代表格と言われるほど有名な熱帯魚です。

上半分は青、下半分は赤という特徴的な体色をしており、熱帯魚らしいと言える魚です。

飼育は簡単で、比較的水質の変化にも強く、価格も手ごろなため、初心者向けの熱帯魚として

知られています。

ネオンテトラは複数匹でまとまって一方向に泳ぐ「群泳」という習性を持つ種類です。

群泳する熱帯魚は非常に映えるため、綺麗です。

しかし、欠点もあります。繫殖が難しい点です。その一点を除けば非常に優れているため

おすすめです。

②ペタ

ペタはその美しい見た目と小型の水槽でも飼育できることから非常に人気の高い熱帯魚です。

見た目の種類も豊富で、多種多様な種類が販売されています。

オスの威嚇行動の際にヒレを広げるのですが、その時が一番美しいとされています。

ペタはラビリンス器官と呼ばれる特別な器官をもっているため、水面からの空気呼吸が

可能です。このため、比較的空気の少ない小型水槽でも容易に飼育できます。

価格は生体によって様々で数百円〜数万円まであります。

比較的人になつきやすいため、飼育しがいがあります。

と今日はここまでにしておきます。次回は熱帯魚用の餌についてご紹介したいと思っています。

次回の更新をお楽しみに‼

To be continued