2020年8月25日(火)

SA・KA・NA③🐟

皆さんこんにちは。モンスターエナジーが飲みたいBLTです。

連日更新になりますが、熱帯魚の餌について紹介します。

皆さんは魚用の餌にどのくらい種類が有るかご存知でしょうか?

答えはわかりません‼ 千差万別といっても良いほど種類があるため

代表的なペットである犬・猫に比べて、魚(熱帯魚)は種別が多く、個体差が激しい為

餌の問題が大きくなってしまうのです。

餌と言っても人口的に作った人工餌と生きたままの虫などの生餌の二種類に分かれます。

まず人工餌のメリットですが、単純に栄養価が高く、栄養バランスも優れています。

更に保存が簡単で、比較的長い間保存が聞きます。これだけ聞くとメリットばかりの様に感じますが、

デメリットもあります。個体差もあるため一概には言えませんが、人工餌は食いつきが悪く、なかなか食べてもらえません。

対して生餌はコストや保存期間、入手しにくさといった面で、人工餌に劣りますが、

非常に食いつきが良いとされています。人工餌より生餌の方が美味しいらしく、生餌に慣れている個体は

人工餌に全く興味を示さない事も珍しくありません。逆に人工餌で育ってきた個体が、生餌をしばらく食べ続けるとそれまで食べていた人工餌を食べなくなる場合もあります。

魚はグルメなんですね‼

最後にまとめですが、BLTも生き物を飼育していたことがあります。(熱帯魚や爬虫類など)

生き物がそばにいることはストレス解消や癒しになりますが、同時に責任が伴う事でもあります。

生き物たちは基本的に素直ですので、真心を込めてお世話をすれば、気持ちに応えてくれます。

不動産のブログというテーマからは少しそれてしまった気がしますが、後悔はしていません。

それでは今日はこのあたりで