2020年10月1日(木)

月の欠片を集めて

みなさんこんにちは。ポケモンの追加コンテンツが楽しみ。ちょこたると。です。

突然ですがみなさん、今日は何の日かご存じでしょうか?今日は十五夜です。

十五夜と聞くと、「月を見ながらお団子を食べる行事」というイメージだと思うのですが、実は背景はとっても興味深いものなんです。

 

十五夜の成り立ち

そもそも十五夜というのは、旧暦の8月15日(今の9月中旬~下旬)に行われるもので、「中秋の名月」や「観月祭」などの別名を持ちます。もともと中国のお祭りであったものが、日本の文化と融合した形で生まれたものが、今の十五夜として定着したそうです。

日本では昔から、月を見て霊界に想いを馳せる文化があり、1年の中でも月が綺麗に見えるこの時期に、自分の大切な人が霊界に連れていかれないように、お供えものとともに祈りをささげたことが、お月見の由来とされています。

 

なぜ旧暦の8月15日が十五夜なのか?

一年で何度もある満月のうち、なぜ旧暦の8月15日とされているのでしょうか?それは、中国の文化で、今の時期は霊界と現世の距離が最も近くなるからだそうです。霊界が近づくタイミングに合わせて霊界を祀ることで、現世に降りかかる厄災を回避する狙いがあったというわけです。

 

いかがだったでしょうか。十五夜のことが、より深く分かったかと思います。僕も今回この記事を書くにあたって調べたのですが、知らなかったことをたくさん知れて楽しかったです。

今夜はお団子を添えて、月を見ながら家族で一日の出来事を報告しあうのもいいかもしれませんね。

次回は地域と住宅のシリーズに戻ります。それでは、今日はこの辺で。